これからの子供達はテレビを見るように映像や動画を使って学校教育されていくのだろうか

最近の子供達を見ると時々驚くことがあります。電車の中や、託児所なんかでタブレット型の端末をしきりに触ったり、眺めたりしている子供達が増えたからです。

彼らはおそらくそういった端末を使って学習していたり、Youtubeなどの動画を見ているかもしれません。学校教育で映像や動画による学習方法があるくらいですから、それほど驚くことではないかもしれないですが、私世代の人からすると進んでいるなと思われる方も少なくないと思います。黒板が画面に代わり、ノートがキーボードに変わる。

そんなテクノロジーの発展に伴って色々な映像や動画が作られていくことでしょう。

そんな未来の世代の人たちが積極的に、映像制作や動画制作に自ら参加することによって今まで目にしてきた映像や動画がどのように成り立っているのかを学び、自ら映像や動画を生み出すことによって次の次の世代への架け橋となっていくのかもしれないですね。

テレビを見るように教育される子供達と言ったらギョッとされるかもしれませんが、あながち驚くほどのことでもないかもしれません。今後どんな教育方法が誕生するのか、楽しみです。