教育用のマニュアル映像を制作するには

いろいろメリットある教育用のマニュアル映像の制作ですが、作成法はなじみない人も多いでしょう。

映像マニュアルの使用目的、ターゲット想定してそれにふさわしい全体像を書きます。ひとくくりに映像マニュアルといっても色々な利用シーンがあって、公開先が社内と社外で求められる品質異なって、パソコン、スマホで快適に視聴可能な画面サイズ、時間の長さ、データ容量が異なります。

これら企画段階で明確化しておけば、あとの作業の手戻りを防げるのです。また完成版の時間想定して、それに即した内容となるよう、ナレーション文言他、収録素材、追加素材、テロップなど文字情報を盛り込んだ台本を作ります。

動画視聴する方のスキルレベルに合わせた説明ができるよう、何をだれにどうの順番で伝えるのかチェックして、作成することが大事なのです。

またリニューアルベースとなる説明部を素材として撮影して、人がカメラ向かって説明する動画が必要なら、品質合わせ照明、マイクなどセッティングや台本落とし込まれたセリフ準備が必要になります。

また、映像がパソコン操作説明だけでいい時はパソコン画面録画するだけでいいです。メイン素材の1つであるナレーション収録して、作品全体をナビするのはもちろん資料映像、図表を説明する役目があり、ナレーターは原稿を早くチェックして言葉の読みなどをチェックします。

ナレーション収録が難しいとき、音声が聞けない環境での視聴が想定される時はテロップだけでもいいです。収録素材、ほかの追加素材つないで不要なところ削除したりして映像編集をします。

ナレーション、音楽、文字情報など必要に応じ組み合わせて、それに伴って各カット時間を微調整し完成品にするのです。

撮影時はなるべく三脚を使用して画面ぶれを防止します。ワンカットでなくなるべく短く区切り撮影します。対象を真正面からとらえるのでなくハイアングル、ローアングルを使い分けて取ります。

動画マニュアル作るコツですが、些細なことですが、品質格段に上がってきます。