動画に音楽が流れると映像のクオリティが高くなる

動画だけで音楽が流れない映像は感動の質がまったく違います。それは何故かと言いますと、小説は感動はするが涙を流す程ではないのです。文字追って想像する事はそれだけ脳に伝達が遅くなります。頭の中に映像化しなければいけないからです。そのうえ音楽もない事で感動の質がもう一つ盛り上がりに掛けてしまうからです。動画は目で見る事で直ぐに分かります。そこに音楽が耳から入る音が流れる事で、映像と音楽が同時に脳の中に入り、脳に刺激し合って心に伝わります。それが感動になり涙を流すのです。但し動画、音楽が二つともクオリティが高いものでなければなりません。また、映像と音楽のタイミングも重要になってきます。少しでも動画に音楽が流れるのがズレてしまうと、心が揺さぶるまでいかず、寧ろ期待外れになってしまう事で、つまらない映像になっていまいます。動画と音楽で映像制作をしっかりと行わないと、クオリティが高い映像にならずに終わってしまいます。それだけ映像制作の重要性が大事になってきます。