動画の撮影は準備が大切

動画制作で重要なのは動画の撮影だと思っていませんか。確かに、動画編集の素材となる動画そのものがなければ、動画の制作のしようがありません。しかし、それは大きな間違いです。動画制作でもっとも重要なのは、動画撮影にむけた「準備」です。完成度の高い作品を作るためには、料理と同じく素材が大切となります。そして、よい動画素材を手にするためには、その撮影に向けた準備にかかってきます。動画の良し悪しは、この動画撮影の準備で勝負が決まるといっても過言ではありません。
動画撮影の準備は、撮影当日にあれこれ慌てないようにするというのが基本です。機材の準備はもちろんのこと、出演者やスタッフの手配から撮影の段取りまでやることはたくさんあります。そのためには、まずはどういった動画にするのかというプランを事前に作っておくことが重要です。コンテや台本を作って出演者やスタッフと内容を共有するのもよいでしょう。あとで動画編集をするから大丈夫といって準備の手抜きをすると、必要なシーンが撮れていないなどといった泣きをみる羽目になってしまいます。