ドローン活用による映像制作

最近は新聞等でもドローンという言葉が頻繁に取り上げられるようになり、一気に誰もが知りえるような一般的な単語になりました。
ドローンを活用した映像については、物流サービス分野では、人材不足の切り札としてドローンによる配達の研究、防災分野では、山岳遭難事故におけるドローンによる空中からの捜索の実施、医療分野では、山間部への医薬品の輸送の検討などこれからいろいろな分野での応用が期待されているところです。
今や映像制作の現場においても、ドローンは重要な役割を担っており、顧客からも「ドローンで撮ってもらえますか」という依頼案件も増えています。
しかしながら、実際には、ドローン機材の手配、操作オペレーターの要員確保、撮影地での円滑な許認可手続きなどの調整が必要となることから、標準的な撮影クルーよりも質と量を充実させる必要があります。
もちろん、その分だけコストが上昇するため、顧客にもプライスが上昇することを明らかにしなければなりません。