映像制作会社に仕事を依頼するなら実績よりも実際の映像を見た方が良い理由

仕事を依頼する映像制作会社を選ぶ際に参考になるのが、その会社の実績です。
しかし、実績だけを参考にすると痛い目を見る可能性もあります。
なぜなら、映像制作会社によっては得意とする映像とそうでない映像が存在するからです。
例を出すとドキュメンタリー映像とドラマは求められる映像スキルがまったく違います。
ドキュメンタリー映像は演者のリアルさを映像に反映する必要があるのに対し、ドラマは基本的にはフィクションです。
編集によって見ている方を惹きつける映像スキルが求められます。
そのため、映像制作会社に仕事を依頼するときに重視しなければいけないのは、実績よりもどういった分野の映像制作を得意としているのかです。
自分が作って欲しい映像と乖離したクオリティの映像が出来上がったら後悔だけが残ってしまいます。
なので可能であれば、仕事の依頼を検討している映像制作会社が過去に作った映像をよく見ておくことが大切です。
その際は漠然と映像を見るのではなく、自分が欲しい映像を作ってくれそうかどうかという視点で見ておくと良いでしょう。