社員研修用の動画でみんなの注目を集めるには

社員研修の中で、動画を用いて説明する企業はたくさんあります。しかし企業によってはただ必要な情報・説明を淡々と動画で流すものもあり、それを見ている社員は寝ているか集中が切れているケースが多いです。そのためどれだけ優れている内容でも見る人の注目を集められなければ意味がありません。そのため動画を制作をするにあたってコツを理解しておかないといけません。動画制作にあたり、定期的に息抜きやリセットの瞬間を作ことがおすすめです。人の集中力は数十分程度しか持たず、研修中という緊張した状況ではさらに短くなるでしょう。そのため冗談やジョークを途中で交えたり、トーク力のある人のフリートーク場面を流したりして切り替えられるようにしましょう。次に動画の途中で見ている人に意見を求めることもおすすめです。映像の中でも映像を止めてもいいですが、質問や意見を求める内容を伝えることで一度施行に入ります。その瞬間は集中しており、その質問や意見が終わってから早めに重要なことを動画に組み込むとみている社員が集中しているタイミングで動画を流すことが出来ます。そして動画制作するうえでできるだけ短くすることが大切です。リセットしたりしこうして考えるタイミングを作っても限界はあり、じきに疲労していきます。そして個人差もあるため、長持ちする方もいればそうでない方もいます。できるだけコンパクトにまとめてあげることで疲れず快適な社員研修動画を作ることが出来るでしょう。