外国人労働者の方への労働教育用のマニュアル映像制作の必要性

近年、海外の方の中には日本で働きたいといった理由で労働ビザを取り働こうと考える外国人労働者の方は多くなってきています。しかし実際に外国の方は日本の企業で働く場合、大きな壁として立ちふさがるのが言葉の壁です。単純な労働では宅急便大手のヤマトなどが外国人の方に働いてもらうために映像などを公開して労働教育のマニュアルを作っています。この労働の為の教育マニュアルの映像制作ですが、他の分野でも可能な限り取り入れるべきであると考えられます。言葉の違いにより仕事の内容がわからないといったことや仕事のやり方がわからないということは企業にとっても働く側にあってもメリットがないためです。その両者のデメリットを埋め、メリットに変えるためにも映像で仕事を説明し、場合によってはその国にあった言語で日本の仕事のやり方を勉強してもらう必要性があります。日本の仕事のやり方を学んでもらう事で外国籍の方でも日本の企業で働くことが出来るかもしれないため、外国籍の方にたいして映像を制作してその中で日本の働き方を勉強してもらい仕事を続けて貰う事で企業としてもプラスになります。