趣味で作成する動画制作のハードル

趣味で動画制作を始めてもう10年になります。
現在はAffter Effectsというプロ御用達のソフトを使い映像制作しております。
趣味です。

映像制作をするにあたりハードルが高いと思われがちですが、私はもともと小説を書くのが好きで、それを動画にしたいと思ったところから始まり、最初は完全な紙芝居動画からのスタートでした。また映像制作の為の業界用語もいっぱい勉強しました。さまざまな用語を知っておくことで、映像制作も有利になるからです。
徐々に有料ソフトを購入し、今では3Dソフトを扱うレベルにまでなりました。
きっかけはささいなものだったと思います。
この動画がすごかった!真似できないだろうか?といった感じだと思います。
クオリティを求めるのなんか動画に慣れてからでいいのです。
私の過去の動画などは最初の動画など学生の頃に作ったものですので、
もう見るに堪えないレベルになっています。
が、見てくれる人は必ずいます。コメントも来ます。
Aviutlや紙芝居クリエーターなど、無料ソフトも存在し、ニコニコ動画やyoutubeなど、動画を見てもらう機会も本当に増えました。良い時代になったものです。
動画制作という印象だけで諦めなくてもいいのです。最初はクオリティが低くてもいい、とにかく作り続けることをおすすめします。
実力はあとから必ずついてきます。