学校などの教育現場で使用するビデオ映像の制作について

 今やICTを用いた教育が進んでおり、教育現場である学校等において、映像を用いた教育は毎日のように行われています。では、そのような教育用の映像制作において、気をつけなければいけない点はなんでしょうか。まず1つ目は、倫理的・道徳的に教育にふさわしい映像になっているかどうかです。
 教育というものは、生徒に大きな影響を与えます。生徒に大きく影響が与えられるということは、日本社会全体にも影響が及ぶということです。そのため、学校などの教育ビデオの制作においては、倫理的・道徳的に良くない映像は絶対に避けなくてはなりません。意図しないところであっても、細かいところまでのチェックが欠かせません。子供達は映像の隅々まで見ているからです。
 2つ目の気をつけなくてはいけないことは、メッセージ性がわかりやすい映像を作るということです。子供達は、教育現場においては何かを学ぼうとして映像を見ます。何かを吸収したいという状態の子供たちに、しっかりとメッセージが伝わる映像の作成が必要になります。