採用の差別化に繋がるリクルート用動画

リクルート用の動画制作をする企業が増えています。現在では、求人情報サイトを利用するのが当たり前の状況になっており、就活生売り手市場の現在、企業側は、少しでも多くの就活生に興味を持ってもらうようにあの手この手で差別化を図っています。バブル時代には、学校の先輩が、リクルーターとして活動していました。今後は、ルール撤廃により、優秀な学生は、大学3年生で内定を得る時代になるでしょう。一方、条件の悪い企業では、現在以上に応募が集まりにくい状況になると予想されます。いわゆる二極化です。大企業人気は、根強いものがあり、中小零細企業では、求人条件を上げたり、積極的に自社を知ってもらうことが、応募者を増やす根本的な対策となります。積極的に自社を知ってもらう方法として有効なのは、やはり、映像制作です。映像制作により会社の説明を行うだけでなく、職場内部や実際に働いている人々へのインタビュー動画制作は、非常に有効な手段です。最近は、アルバイト求人においても、30秒から60秒という非常に短い時間ですが、動画において説明する企業さえ出てきました。こういう流れは、今後も続くことでしょう。