製造会社の各種規程類を映像制作して従業員に教育する事で理解を深め遵守の徹底が図れます

接客業では顧客対応マニュアルが必要とされていますが、製造業では様々な職種・組織があり、はるかに多くの規程が定められ、業務ルールが決められています。品質に関する国際標準のISO90001の取得においても、こうした業務規定が整備され、それを遵守する事が求められています。
このために、多くの企業では各機能組織毎にファイル1冊にも及ぶ膨大なルールが定められている事が少なくありません。ルールを定め、規程類を作成するのも大変ですが、それは一部の人が知恵を出して労力を掛ければ作り上げる事が可能です。
しかしそのルールに則て業務を推進するのは従業員であり、その膨大なルールを頭に入れて仕事をする事は極めて大変な事です。遵守するためのルールであり、遵守できなけ意味がなく、ルールを定着させる事が遥かに困難なのです。
この難題を解決するために、規程類が何のために定められているのかと言った目的や、その中で規定されているルールと、各従業員が業務推進に置いて守るべきポイントを文章を羅列した書類をベースに、映像制作して視覚に訴え易くして従業員教育を行えば、規程類を理解し、遵守する事に大いに役立つのです。
業務ルールを定めたものの、遵守徹底が難しいと悩んでおられる企業は、映像制作で従業員教育する事を考えられると良いでしょう。