時は映像戦国時代

ユーチューブなるものが誕生して、それに群がるようにユーチューバーがあらわれたことにより、
今や映像媒体は戦国時代と化している。
youtubeに動画をアップしたことがない人は、そんなにいないだろう。

携帯電話にデジタルカメラなどの普及により、誰でも動画を撮影できるようになった昨今。
映像制作会社の地位は下がりつつある。

新規の映像制作会社はもちろん、大手の制作会社も厳しい状況下におかれているらしい。
昔ながらの方法、編集ではこの時代を乗り切る事はできないだろう。

ではどうすればいいのか?
それはニーズを聞くということに尽きる。

今視聴者はなにを求めているのか。
人気のユーチューバーはどのような方法で人気を得ているのか。
そういったニーズをリサーチして映像に組み込むことで生き残る事が可能となる。

まず一番にしなければならないのはTV離れする視聴者をTVに戻すことだろう。
TV媒体から去って行く視聴者たちを繋ぎとめる番組を世に送り出す。
これがなによりも重要とされる。

映像制作会社が背水の陣をとったとき、一体どのような作品が生まれるのか見ものである。