新人教育やキャリアアップ等を形成出来る教育ビデオ映像の制作とその活用方法

企業などでの新人教育やキャリアアップなどの企業内教育の課程では、教育プランの策定が重要ですが、映像などの視聴覚メディアは、印象を強く与えるものなので、その活用により、大きな効果を得ることが期待できます。新人教育などの映像制作においては、教育プランを反映させることが必要ですが、芸術作品のような表現を重視したものではないので、受け手の反応を具体的に想像しながら製作することが大切です。特に、企業内教育においては、より実践的な内容、または、自分にとってメリットを感じる具体的な内容については関心が高まりますが、抽象的な内容については、関心が薄れてしまう傾向にあります。ですが、実践的、あるいはメリットのある事柄に関しては、普段の業務遂行の中でも習得することが期待できるので、企業内教育の主眼としては抽象的な内容の方にあります。そこで、特に抽象的な内容については、実践的、あるいはメリットのある事柄に関連付けて制作することが重要なのです。