社内教育は教育用の映像制作でコストダウンを図ろう!繁忙な社員が講師になることを避けよう!

社内教育を行う際、ベテラン社員もしくは中堅社員が駆り出されることは少なくはありません。しかし、毎年のようにある新入社員教育や若手社員教育のために各部門から労力を割くのはコストパフォーマンスが良くありません。最悪の場合、業務負荷の増大だけでなく、業務停滞を招くことになります。また、毎年講師が変わることで教育内容も少しづつ違いが生じてしまい、年数が経過するとその影響は大きなものとなってしまいます。
しかし、社内教育の為の映像制作をすることで講師となる社員の負担軽減、講師を依頼される部門における業務停滞の回避、さらには教育内容の一定化という問題を解決することができます。特に新入社員教育で必須となり、一定期間変化の無い会計処理や旅費精算、各種申請手続きについて映像制作することは業務効率化に大きく貢献します。さらに一度映像制作してしまえば、内容の変更が無い限り再制作の必要がないだけでなく、教育資料を都度講師が作成することもなくなります。もし、社員教育で毎回講師が変わり、教育資料も都度ゼロから作成しているのであれば、ベテラン社員を起用して映像制作を行ってみては如何でしょうか?今では、映像制作も低コストで行うことができ、予算10万円で効果的な教育資料を手に入れることが出来ます。