印象に残るプロモーション動画は、演者の音域の広さや演技力次第

インターネット上には5分間程度の短い時間のコンテンツが、多く流されています。このなかで感動したり、印象に残るプロモーション動画については、アニメーションでも俳優やミュージシャンにしてもキャスティングの良さを感じます。
具体的には、音域の広さです。悲しいときの音声と、嬉しいときの音声、悔しいときや、怒っているときの音声では音域が異なります。声量にも幅があります。アニメーションの場合は声優の力量ですし、音楽ならばミュージションの力量であり、演技であれば俳優の力量ということになります。
悲しい感情を表現するときと、嬉しい感情を表現するときの音域に相違点を感じることができなければ、映像を見る側はなんら感動することはありません。
また、3分間や5分間の俳優の演技を主体にしたコンテンツでも同様です。感動する映像作品の場合は、俳優の表情が豊かです。喜んでいる表情と、怒っている表情では、眉毛の動き方が異なりますし、頬の動き方も異なります。
演技や音域の広さが、見る者を感動させるのです