あらゆる犯罪の抑制を意識した学生向けの教育映像制作の大切さ

最近では「いじめ」「スマホのマナー」「麻薬」「犯罪」などをテーマにした教育映像を小学生や中学生、高校生に見せることが多くなりましたし、そういった映像制作はとても多くなってきたと思います。

無くならない「いじめ」や、今では学生でも手に入ってしまう「麻薬」、最近問題視されている「スマホのマナー」、誰の身にも起こりうる「あらゆる犯罪」、これらの”こわさ”を学生に教えなければならないという意識が今、大人達の中であるのかもしれません。

どんな方法で、学生にその”こわさ”を分かりやすく教えられるのか。

もちろん口頭で訴えることにも意味はありますし効果はあると思いますが、やはり一番わかりやすいのは「映像」ではないでしょうか。

その中でも効果があるのが、実体験を元に制作されたものだと思います。

特に、大人だけでなく学生の間でも普及しているスマホ関連で実際に起きた問題や、事件を元に作られたものは影響力があると考えます。

これから起こるかもしれない問題や犯罪の抑制、そして楽観的な思考を改め、きちんと考えて行動をするようになる良いきっかけになるのでは、と思います。

身近に起こりやすい事件などを伝えていくために、こういった学生向けの教育映像の制作もとても大切なことではないでしょうか。