制作成功事例から学ぶ ー社員教育映像の効果的な使い方ー

みなさんの職場ではどのような社員研修を行っているでしょうか。
社員を一度に集めた講座や少人数での指導など様々な研修を企画されていると思います。
しかし、こうした研修は時間とお金がかかる割に費用対効果が低いと感じられる方もいると思います。
そこでこの記事では、1回きりの研修とは違い、講習を受ける利用者の時間的自由度がとても高く、何度も繰り返し視聴できる再現性の高さが売りの社員教育動画の効果的な使い方を成功事例を交えてご紹介します。
まず、社員研修動画を導入し大きな効果があった企業として「ANA」や「星野リゾート」がありるので、簡単にこの事例について紹介します。
「ANA」はCAの常務対応に関する研修を集合研修で実施していました。
しかし、研修後日々の業務に落とし込むのは難しいとの社員の声から内容を動画マニュアル化し常務動作など繰り返し動画で確認できるようにすることで乗務員の対応の品質を大幅に上げることができました。
また、「星野リゾート」では次々に新規開業する施設の中スタッフのトレーニングが追い付かないところに動画教材を導入し、どの現場でも高いレベルの接客を実現できるようになりました。
このような成功事例から分かる動画教材の効果的な利用のポイントは”日常の職務で必ず守るべき手順やルールなど具体的な行動を動画にして日々視聴できるようにすること”です。
もし、これから新規で動画制作を考えている方は一般的なビジネスマナーなど抽象度が高いものでなく、より具体的な会社として行うべき行動に絞った社員教育映像を制作すると大きな効果を発揮します。
上記のポイントを押さえて教育動画を導入することで効率的に社員の一人一人の実力が上がってくるはずです。ぜひ、検討してみてください。